FC2ブログ
HOME   »  エアコン
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
夏は汗の処理をどうするかを考えるべき季節です。
本当は汗の処理は一年中大事なテーマです。
特に秋の初めは、昼間暑くて、夜涼しいので、気をつけなければいけないのですが、
今は、エアコンがありますので、夏でも汗を冷やす人が多いので夏の問題でもあるのです。

さて、汗をかくのは良い事です。
夏はどんどん汗をかくべき季節です。

汗は排泄の役割も果たしますし、なにより「汗をかく事」と「身体が緩む事」は同じだからです。
汗をどんどんかける人、汗をかくのが好きな人は夏が好きなのではないでしょうか。

呼吸器の強い人は汗をかくのが好きです。
どんどん汗をかいて、どんどん運動して、どんどん食べて、と呼吸器の強さと元気さは比例します。
汗をかききらないうちに汗を冷やして引っ込めると、呼吸器に負担がかかります。
汗で出す水分を腎臓が負担するので、腎臓にも負担がかかります。

冷房や、扇風機をかけたまま寝ると、朝起きたらとてもだるいと思います。
だるいのは、呼吸器が強張っているからです。
呼吸器と関係の深い筋肉も強張っています。(胸の筋肉や、太股の裏側の筋肉)

そういう時は、お風呂に入ったり、熱いお茶を飲んだり、汗をかくとだるいのが取れてくると思います。
汗をかくと身体が緩むからです。
汗を引っ込めると、とにかく身体が強張ります。
何度寝ても眠い人も、汗を一度どっとかくと、良く眠れるようになります。


夏に何だか調子が悪くなったら、汗を冷やした事がないか疑うといいでしょう。
もしそうなら、汗をかくと急に元気になります。

そして、再び冷やさないように、ちゃんとふき取りましょう。
汗がふきだしてくる間はふき取らずに、出るに任せます。
汗が出きると、汗がさらさらしてきます。そうするとふき取って下さい。
汗がべとべとしている間は、出るに任せるのがいいです。


水分は身体が求める量を取って下さいね。
水分補給などと言って、機械に水分を補給するような言い方をしないで、
飲みたいから飲むということを忘れないで下さい。
そうすると適量がわかるようになってきます。
汗もかかないのに冷たい水ばかり飲んでいると、かえってしんどくなります。
汗が出ない時は、熱いお茶がオススメです。
熱中症も汗をかけない人がなります。
夏は汗をかきましょう。

「汗をかこう2」

スポンサーサイト
プロフィール

tamon

Author:tamon
整体師首藤多聞の個人ブログ。
茨木市しゅとう整体非公式ブログ
一介の整体師として思っていることをつらつらと書いています
興味のあること、
野口整体、背骨、筋肉、心と身体の関係。
人間を理解するのに、身体というアプローチの方法がある事を教えてくれた整体の考え方に感謝、感激している毎日です。

タグクラウドとサーチ

全記事表示リンク
Categories...

openclose

ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム
フリーエリア
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031