FC2ブログ
HOME   »  全生
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
口晴哉先生が、

「~ねばならない」
「~をしなければならない」

で行動すると人は弱くなる、とよく著書に書いていますがなぜでしょう。


ぜそうなるのか話す前にまず「弱くなる」とはどういうことか考えてみましょう。

野口整体では、

・ 病気一つしない健康体とか、
・ 痛みや悲しみなどを何一つ感じない強靭な心

というような人を強いとは考えていません。


では、どんな人が強い人でしょう。

・ 身体に故障があってもそのように生活でき、
・ 風邪を引いたら熱を下げるのでなく、経過させる心の余裕を持ち、
・ 自分の要求に従って行動できる人。

ひとことでいうならば「素直な人」でしょうか。


笑いたい時に笑い、泣きたい時に泣き、
いつまでもこだわらないような心の持ち様を知っている人。

そういう人が本当に強い人だと思います。


野口整体でいう強い人を定義するなら、
「積極的に行動できる人」
と言えると思います。

自分の要求を行為で表すことのできる人とも言えるでしょう。


はいっても誰もが自分の感情をそのまま直接表せないとダメだと考えているのではありません。
泣く、笑うという表現方法でなくても人は表す事ができます。

例えば、
音楽という形で表現する
詩という形で表現する
手紙で伝える

自分の表現方法を持っていれば良いと考えています。

もちろん考えなければいけないのは、
他人を傷つけたり、自分を傷つけたりする方法は良くないという事です。

自分の表現方法を持っている人は、自分を表現するという「行動ができる」人です。


こでもう一度考えてみます。

「~ねばならない」
「~をしなければならない」

の人はなぜ弱くなるのでしょう。


そこにその人の「要求」や「感情」がないからです。
人は不思議なもので「要求」や「感情」を感じないと
行動できなくなるのです。


「~しなければならない」と考えている人は、
一見行動しているように見えますが、

自分で考えて、
やりたい事を知り、
そのために勉強をして、
やりたいことをやり、
生き生きと生活する、

というように積極的に行動することができません。


積極的に行動できない人は、自分の深い所で「要求」や「感情」が昇華されないまま渦巻いているのです。
それが、身体の不調として表に出てくるのです。

自分の「要求」や「感情」に敏感になることをしていないと、自分がなにをやりたいのかわからなくなり、「要求」や「感情」の昇華の仕方がわからなくなります。

そうすると、いつまでも不安や不満が消えなかったり、他人を傷つけてみたり、最後には自分を傷つけることにもなってしまうのです。



口先生は「全生」ということを言われています。
元は禅の言葉ですが、全部生きるということです。

命を全部使い切れば、後は安らかに死ねるというのです。

最後に少し重い話しになりましたが、
次回は、「行動と感情と想像」のようなテーマで続きのお話をしていきます。

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。


スポンサーサイト



プロフィール

tamon

Author:tamon
整体師首藤多聞の個人ブログ。
茨木市しゅとう整体非公式ブログ
一介の整体師として思っていることをつらつらと書いています
興味のあること、
野口整体、背骨、筋肉、心と身体の関係。
人間を理解するのに、身体というアプローチの方法がある事を教えてくれた整体の考え方に感謝、感激している毎日です。

タグクラウドとサーチ

全記事表示リンク
Categories...

openclose

ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム
フリーエリア
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031