FC2ブログ
HOME   »  冷え
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
施術をしていて手を当てていると、その人の身体の中が冷たいような、内臓が冷えているのじゃないかと感じる時があります。
そういう人に、「お風呂の時、湯船につかっていますか」と訊ねると、シャワーで済ましてしまっている人が多いです。

冷えが内向して腰痛などの原因となっている場合は、汗をクーラーで冷やしたり、身体を冷やす食べ物を好んで食べていたりと、一朝一夕になるものではありませんが、それでもお風呂好きな人と、シャワーで済ませる人では、結果にかなりの違いが出ると思います。

身体の冷えは想像以上に不調の原因になります。
冷えていると、血行が悪くなり、血管の弾力もなくなります。
筋肉の弾力もなくなり、身体が固くなります。

身体に弾力があれば、多少の歪みがあっても大して影響にはなりません。
弾力がある身体は、歪みが大きくなっても寝れば元に戻ります。

冷えている人でも一番問題なのは、自分で気付いていない人です。
寒がりな人は積極的に湯船に使っています。
しかし、シャワーで済ませることに慣れてしまっている人ほど、冷えの自覚がなく、腰痛や、肩こり、身体がだるい、などの症状に化けてしまっています。

湯船につかることの利点は腰から下が温まることです。
私は普段はシャワーはあまり使いませんが、やむなくシャワーだけで済まさなければならない時に気付くのは、頭はさっぱりするのに、膝から下が温まらないのです。
そうすると、腰から下の筋肉が萎縮するような感じがして、頭寒足熱、上虚下実と反対のようになってしまいます。
そういう時はやはり冷えているのです。

私は、銭湯などの身体をゆったりと伸ばせて入れるところをおすすめします。
最近はスーパー銭湯が多いので、場所に困ることはないと思います。

スーパー銭湯などでも、身体を洗うことに一生懸命で、湯船にさっと浸かるだけで出て行く人がいますが、もったいないなあ、と思います。
湯船に浸かって、心と身体をゆったりとさせ、身体の芯から温まり、汗で老廃物を出すことが気持ち良いと思うのです。

サウナでも良いのですが、サウナでかく汗は水分が多いのです。
ほどほどのお湯で時間をかけて汗を出すと、身体の奥から老廃物が出てきます。

せめてお風呂ぐらいはせかせかしないでのんびり入りたいものですね。
は~びばのんと。


スポンサーサイト



プロフィール

tamon

Author:tamon
整体師首藤多聞の個人ブログ。
茨木市しゅとう整体非公式ブログ
一介の整体師として思っていることをつらつらと書いています
興味のあること、
野口整体、背骨、筋肉、心と身体の関係。
人間を理解するのに、身体というアプローチの方法がある事を教えてくれた整体の考え方に感謝、感激している毎日です。

タグクラウドとサーチ

全記事表示リンク
Categories...

openclose

ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム
フリーエリア
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031