FC2ブログ
HOME   »  受性
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
回まで少し哲学的なことを書いてしまい、行き詰ってしまいました。
私はすぐに考えを抽象化しようとしてしまうようです。
そして煮詰まって考えが一人歩きしてしまいます。

しっかりと地に足をつけた文章を書きたいと思っているのに、上に上がってしまうは私の体癖のようです。


癖とはその人のもっている感受性の癖です。
感受性というといろいろなものの複合と言えるので、「感じ方」といったほうがいいかもしれません。
感じ方が人それぞれ違う。
それに癖がある。
いつも同じように感じてしまう。
それを体癖といいます。


なぜ体の癖かというと、感じるのは体で感じるからです。
認識するのは、頭です。
イメージや言葉です。
それ以前に「感じる」ことがあります。
言葉以前も感じることがあるのです。
別の言い方では、「氣」とも言います。
「なんとなくそんな氣がする」のレベルの話です。
言葉にできない感じ方のことです。


体と感じ方は関係があります。
いつも下を向くような人がいるとします。
胸が縮んでしまう癖のある人です。
いつも下を向いている人は、気分が落ち込みやすくなります。
悪いことをしているとか、暗いヤツだとかそんな複雑なことではないんです。


ただ、自分の体の癖を自分の性格だと思い込んでいる。
体癖は性格というよりは、性質といったほうが近いと思います。
性格は、環境など後天的なものと性質の合わさったものです。
性質は素質です。


性質は、その人の行動や感受性に影響を与えます。
感じ方の材料と言ってもいいかもしれない。
材料にいつも同じものが入っているので、出来上がるものにいつもその風味がある。


れを体に見出したのが体癖です。
心とかいうワケのわからないものでなく、体に見出しているところがすごいところです。
体にその性質が現れている。
だから、自分で気づくことができる。
自分で気づけば、それに囚われない。
いろいろ対策を施すことができる。


体癖を見つけた人に感謝、感謝です。
野口晴哉先生なんですがね。


胸が縮む癖のある人は、上を見れば気分が変わることを知ればいい。
胸を緩めるような体操をすればいい。
腰椎5番が固いのを弾力がでてくるように鍛えればいい。
気分が落ち込んだ時に、自分を責めることはないと知ればいい。
体を鍛えるのがしんどかったら頭を鍛えればいい。
癖は体の要求だから、要求に身を任せて思う存分縮めれば、後は伸びてくる、と考えればいい。
気分が落ち込みやすくなる周期を知るのに、体を観察すればわかるかもしれない。


性質はどうであれ、後天的に工夫して、学んで、変化できるのが人間の能力です。
頭が発達しているから、自分で自分を作ることができるんですね。


おっと、また上に上がって煮詰まってきました。
今回は、ここらで終わります。
最期まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーサイト



プロフィール

tamon

Author:tamon
整体師首藤多聞の個人ブログ。
茨木市しゅとう整体非公式ブログ
一介の整体師として思っていることをつらつらと書いています
興味のあること、
野口整体、背骨、筋肉、心と身体の関係。
人間を理解するのに、身体というアプローチの方法がある事を教えてくれた整体の考え方に感謝、感激している毎日です。

タグクラウドとサーチ

全記事表示リンク
Categories...

openclose

ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム
フリーエリア
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930