FC2ブログ
HOME   »  手首
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
ブログをやっていると不思議なことに、どんどん記事を思いついてどんどん書けるときと、ぜんぜん記事が思いつかない、ぜんぜん頭が働かない時があります。

私も書ける時は、毎日でもネタを思いついてどんどん書けるのですが、書けない時は頭が働かないし、ネタもちょっと思いついては、消えてという風になります。
そんなことが1ヶ月続いたこともあります。


なんでかな、って思ってふと気付いたのですが、書けないとき、頭が働かない時って手首が固くなっているんです。

そして親指です。
って自分でそのことを記事にしているんですがね。
  ↓
「手首の強張りを緩める」

偉そうなこと書いといて自分でなっていたら世話ないですよね。
でも分かっていてもそういうことに陥っちゃうんです。


私は整体師なので親指をよく使うのですが、力んで使っていて緩まなくなるみたいです。

緩まなくなるというよりは、緩み方がわからない、どういう状態が自然な状態だったか忘れてしまうという感じです。


野口晴哉先生の本には、小説家が書けなくなったときに、焦って、ペンをぎゅっと握っているから手に力が入って余計頭が働かない、というようなことが書いてあります。
肘に力が入っていると頭の中で堂々巡りを始めるとも書かれています。

最近、またこれを実感しました。前回より実感しました。本当にそうです。

自分で、手首の緩め方を書いといてなんですが、手首や手の指が緩んでくると本当に頭の血行が良くなるように感じます。


どうやら、私は手首を固めやすいようです。
手首が力みやすいのです。
人によっては肘が力みやすい人や、肩に力が入りやすい人、いろいろあります。

いずれにしても、肩から先の部分を力ませると頭の働きが鈍りやすいと思います。


でも、それがわかっていても力みの罠にハマってしまうのは何とかしたいものです。

いまのところは常に注意する、という方法しか思いつきません。
張り紙でもしたらいいのかもしれないですけど、私は壁に何か目標とか貼るのって好きじゃないんでどうしようかな、と考え中です。


いずれにしても自分の中で何かが堂々巡りをしていて出て行かない時、アイデア、文章、熱でもそうですけど。
そういう時って身体が力んでいることが多いです。
というより100%そうだと私は思います。

筋肉の力みって脳と関係が深いですからね。

よく、アイデアが出ない時は身体を動かせば良いとかいいますけど、あたりまえじゃない、と思います。
身体を動かせば力みが取れてきますからね。


でも分かっていても、力みの罠に陥るときってのが人間にあるんですよね。
そういう時って、心の奥底に恐怖とか、劣等感とか、焦りとかそういうのがあるときだと思います。


私も施術を受けに来た人の受けが良くない風だった時に、すごく力みますからね。


まあ、こんなことを繰り返しながらだんだんと力まなくなるのかなあと思っています。

今回は、自分が手首を固めやすい身体の癖があるってことがわかっただけでも収穫だと思います。


では、どうもありがとうございまいた。
スポンサーサイト



最近は、パソコンのキーボードやマウス操作によって、手首を強張らせている人が多いようです。

手首という処は、本来とても繊細な動きが要求されるところです。

手先の不器用な人は大概、手首が力んでいます。
また、手首が力んでいると、指にも余計な力が入ってしまいます。

指の固い人というのは、頭の固い人が多いのです。
というのも、手の力みは頭の血行と関係が深いからです。
頭の血が巡らないような感じのする人、頭に血が上って降りないように感じる人は、手首を緩めるとすうっと血が巡るように感じます。

また、片方の手首だけが力んでいると、首が曲がってきます。
そうなると、身体の歪みに自分で気付かない、ということも起こってきます。

パソコンだけでなく、スポーツ等では、
片方の手だけを特に使うスポーツ、テニス、卓球、バドミントン、また、野球、ゴルフ等のスウィング系も手首に負担がかかりやすいです。


さて、手首の緩め方です。
まず、手首をぶらぶらさせます。
ぶらぶらさせるごとに指の力が抜けていきます。
指の力が抜けるごとに手首の力も抜けていきます。

ある程度力が抜けたら、今度は手を縦に振ってみましょう。
手のひらが、自分から見て縦になるようにして、ひじと手首の中間の辺りをもう片方の手で掴みます。
そして縦に振ってみるのです。
手首が緩んでいたら、腕の中の2本の骨が動くのが分かると思います。
この場合も指の力を抜くと上手くいきます。
最後に親指を軽く引っ張ります。
親指を引っ張ることによって手首が締まってきます。
手首が締まると指が良く動くようになります。

この運動は指の力の偏りをリセットさせる効用があります。
手首が強張るというのは、指の力の入れ方が偏るということでもあるのです。

さて、緩める時に少しコツがあります。
それは、手をぶらぶらさせると、緩む緩むとさらにぶらぶらしやすくなる。
という循環を意識することです。
できなくても、そのようにイメージするだけでも構いません。
慣れると、指の付け根の骨も緩んで動いてくるのが意識できるようになります。

休憩時間や、眠る前などに手首を緩めるとよりリラックスできるでしょう。
携帯のメールを打った後もやってみて下さい。親指に力が偏っていますよ。
プロフィール

tamon

Author:tamon
整体師首藤多聞の個人ブログ。
茨木市しゅとう整体非公式ブログ
一介の整体師として思っていることをつらつらと書いています
興味のあること、
野口整体、背骨、筋肉、心と身体の関係。
人間を理解するのに、身体というアプローチの方法がある事を教えてくれた整体の考え方に感謝、感激している毎日です。

タグクラウドとサーチ

全記事表示リンク
Categories...

openclose

ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム
フリーエリア
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930