FC2ブログ
HOME   »  整体
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
覚せい剤の使用で逮捕される人が増えているらしいです。
覚せい剤は使用すると、とても「ハイ」になって一週間でも寝ずに起きていられるとか。
自分がスーパーマンになったような気分にでもなるのでしょうか。
でも、身体はその反動で「ハイ」になった後は「ロー」になって何もやる気が起こらなくなるとか。
そうやって深みにはまっていくそうです。

覚せい剤で「ハイ」になる気持ち良さと、整体で求めてゆく「」の感覚はまるで逆の感覚です。

整体では、が落ち着いているときに味わえる「」の感覚をよいものとします。
が落ち着いているというのは、身体でいうと深い呼吸ができているときです。
深い呼吸ができて重が腰に落ち、肩の力が抜けてくると、頭もすっきりしてきます。
こういう姿勢ができると、自分を受け入れて、今の自分でいることが気持ち良いという感覚になります。
深い呼吸ができると、血の巡りもよくなりますし、なんだか身体が活性化してくるようで自分が生きているという実感が湧いてくるのです。

「ハイ」になっている状態というのは、身体が置き去りにされているようなものです。
簡単にいうと興奮している状態ですが、そういう時には人は浅い呼吸をしています。
「ハイ」の状態を維持しようと必死で身体が吸気を強いられているイメージです。

整体が求める「」の感覚はが満たされるような満足感があります。
「ハイ」になっているのは、満たされない自分を満たしていくような感覚、全能感とか、前へ進んでいく満足感です。

生きていくためには、どちらも必要なものでしょうが、今の社会や学校ではが満たされる整体的な「」の感覚を教えてくれません。

やはり、しっかりと休憩するからしっかりと動けるのです。
なにか暴走するように興奮して動いて、そして壊れて休むという生き方ではが疲弊するばかりです。
そして休み方を知らないために、止まることが怖くなって、他動的に「ハイ」になる薬に手を出してしまうことにもなってしまうのだと思います。

東洋では昔から深い息をすることを教えてきました。
座禅や道教などでも教えています。
そしてほとんどの健康法でも深い呼吸をすることを勧めています。

深い呼吸をするために一番必要なことは心も身体も緩むことです。
そのために整体があると言っても良いかも知れません。
緩むのは難しいからです。

実は整体で一番教えたいことは、緩むから、緊張できるということなのです。
緩んだ時の感、緊張する時の感、どちらも味わえたらその人は整体であるといえます。

快の感覚ひとつ取っても人間って奥深くて、面白いものですね。
スポンサーサイト



施術をしている時、何もわからなくなる時があります。
また、整体について何もかもわからなくなる時もあります。

昨日までいろいろ解っていて「これはこうだからこう」、「それはそうだからそう」というように答えられたのに答えられないのです。

そんな時焦ってしまいますが、私はこういう時はチャンスだと思うようにしています。

私がこういう時、思いだす言葉があります。
ある合気道の先生が弟子に言った言葉ですが。

「分かってはいかん。感じなさい。解って分別の世界で思ってやることは違うのだから」

というものです。
分かってもなんにもならないよ、「感得」しなさいということです。

人間の身体のことなんて、解っているようで解らないことばかりです。
こんなに医学が進んでも病人は全然減りません。
むしろ不健康な人が増えているような気さえします。

整体師は患者を理論に当てはめるのではなく、その人が元気になるよう導けたら方法は何でも良いのです。

わからなくなった時はむしろ考えを一度捨てて、心を静めて、患者と心を合わせるようにしていきます。

野口整体でも手が自然と動いていくところに愉気をします。

理論というのは、万人に当てはまるように思ってしまいますが、人間は一人一人違うので本当は整体をする時には邪魔になります。

むしろ、分からなくなった時の方が向上するチャンスなのかな?と思う時があります。

人間一人を元気にするのは難しいですが、以外とこういう時の方がその人に対して心が向いているのかも知れないと思います。
「すぐ足を組む癖があるので、気をつけています」
良く聞く言葉です。


足を組むから歪みが発生すると考えてしまいますが、実は違います。
歪むから足を組みたくなるのです。


人は身体の使い方に癖があります。
いつも両足に均等に体重をかけている人はいません。


より使う方はより疲れます。足を組むときは無意識にそちらの足を上に乗せて休めているのです。
実はこれは、身体から見るとそんなに悪い事ではありません。
むしろ、疲れた足を休めるのに必要な行為とも言えます。


もし、疲れた足を休めずに反対側に足を組むと、つかれた側の足により負担を掛けるような姿勢を作ってしまいます。

これはあまり良くありません。


それに、より使う方の足はその人にとってより強い足である場合が多いです。
人は無意識により強い足を使う癖があるようです。
意識的に反対の弱い足を使うようにするとかえってその事が歪みの原因になることもあります。


疲れたら素直に休めるのが大事です。


でも、あまりにも強い方の足のあしと弱い方の足のバランスが崩れたときは、多少意識して弱い方を鍛えた方が良いかもしれません。

本当は整体師などに調整してもらうのが良いと思いますが、必ずしも整体師は左右均等にするわけではありません。


左右均等にすると強い方の足を去勢する事にもなってしまいます。
整体師はその人が一番力を発揮しやすいように調整します。
整体師がやる事は、より使う強い方の足の緊張を緩めてやるだけ、ということもあります。


これはある意味では、足を無意識に組むことと同じ事をしているのです。
身体の無意識の動きがスムーズに出ている人には整体師は必要ないのです。


どうしても、左右均等に足を使いたい人は、この無意識に足を組むと言う行動に気付く事が大事です。


自分がそうしている事に気付いたら、それを無理に矯正するのではなく、なぜそちらの足を上にして組むかを考えて、日常生活を工夫するのが良いと思います。


ただ、工夫のしかたにもコツがあって専門の知識も必要ですから少し難しいと思います。
その辺もいづれブログで紹介していきたいと思っています。

ちょっとまとまりがなくなりましたが今日はこの辺で。


新ブログの「足を組むから歪む?」もご覧下さい。
整体である状態とは、弾力がある状態です。

弾力とは、筋肉の弾力、心の弾力、といろいろありそうですが、分けられるものではありません。
心に弾力がない人は、筋肉に弾力がありません。
逆もまた然りです。

そして、弾力とは何かと言うと、いつでも緊張できるし、いつでも緩める事ができるということです。

そういう身体の状態ですと、ストレスなどの受け止め方も上手になってストレスに強くなります。

ストレスを感じると身体を知らない間に固くしていると思います。
固くして受け止めているのです。

その固くするのでも、人によって特定の場所があったりします。

身体の右側を固くする人、左側を固くする人、身体を捻って耐える人、頭で理解しようとする人、殻に閉じこもる人。
また、ストレスを受け止めずに、受け流す人もたまにいます。
このような人は一見楽そうですが、本人は受け止める気力がなく、そのことで悩んでいる人もいます。

このように受け止める傾向が人によって違うのを、野口整体では体癖とよんでいます。

固くなると筋肉の動きが悪くなるので、そこから歪みに原因になったり、その場所を直接壊したりします。

でも逆に考えてみると、自分の傾向が分かれば調子の悪くなった時にその場所が固くなっていないか調べてみたら良いのです。

固い所は緩めてやれば良いのです。

手を当てたり、その場所だけお湯につけたり、そこが緩む姿勢を取るのです。

しかし、長年の凝りだったりすると一朝一夕では緩まない事もあります。

また、固い所をかばうために別の場所を固くして、またそこをかばうために別の場所を固くしてというようなことを重ねて行くと、原因となる場所が分かりにくい事も多々あります。

その場合は、整体師など他人に見てもらわなければ緩めるのは難しいです。

そのような人は、整体をしばらく受け続けて柔らかくなってくると、自分が固くしている所が分かりやすくなって、自分で緩める事ができるようになってきます。

そうなったら、弾力が出て来たと言えます。
つまり、別の言い方をすれば、不調を不調として感じる事ができる身体ともいえますね。

でも、自分の身体のことはなかなかわかりにくく、身体は感じていても、頭では認識できないことも多々あります。
なかなか難しいものです。

まあ、そのために整体師がいるのですけれどね。
整体と言うとどうしても矯正というイメージがある」と言われたことがあります。

名前が整った体なので、整っていないものを何か枠にはめるような気がするのでしょうか。

矯正というと強制的な感じを受けますが、強制されることは嫌なものです。

野口晴哉師の本を読んでいても、施術する側が一生懸命になり過ぎてはいけないと書かれています。
力むのは受けている方だということです。

私も施術をするときは、「よーし!」という気になってついあれもこれもとやってしまいたくなりますが、ふとそういう自分を客観的に見ると、勉強した理論や、見た目に真っすぐだとか、そういうことを相手に押し付けていると気付きます。

人の身体の不調の原因というのは、実は一箇所要点となる処を緩めるだけで、抜けていくことが多いのです。

あとは、本人の回復する力に任せる方が、本人も気持ちがいいものです。

日々良くなっていく実感があるのは未来への希望が湧くからです。

施術する側があれもこれもすべてやってしまうと、受け手が完全に受け身になってしまって、終わった瞬間からだんだん不安になってきて施術者にすべてを頼ってしまうという事になってしまうこともあります。

でも、不調の原因となる急所の一点を見つけるのは結構難しいです。

まあ簡単に見つけられれば、整体師はいらないわけですが。

別の言い方をすれば、その一点は、その人の健康に点火するための一点とも言えます。

どんどん人の元気に点火していけるような整体師を目指したいものです。
プロフィール

tamon

Author:tamon
整体師首藤多聞の個人ブログ。
茨木市しゅとう整体非公式ブログ
一介の整体師として思っていることをつらつらと書いています
興味のあること、
野口整体、背骨、筋肉、心と身体の関係。
人間を理解するのに、身体というアプローチの方法がある事を教えてくれた整体の考え方に感謝、感激している毎日です。

タグクラウドとサーチ

全記事表示リンク
Categories...

openclose

ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム
フリーエリア
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031