FC2ブログ
HOME   »  日本語
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
本語には、身体の状態を表して感情を表現する言葉がたくさんあります。

「腹が立つ」
「頭に来る」
「断腸の思い」

沖縄では、「チムドンドン」なんていうのもあります。
チムとは、肝臓の事らしいです。
胸がどきどきすることらしいですが、心臓ではなく肝臓であるところが面白いです。
実は、姿勢によって心臓がドキドキする人と、肝臓がドキドキする人がいるのです。
なぜそうなるのかはまだ説明できませんが、いずれできたら良いと思っています。


身体言葉を使う人は、感情とは身体の感覚を認識することで発生する物であることを知っています。
怒っているから腹が立つのでなく、
腹が立っていることを認識して怒っていると感じるのです。


かし、脳がすべてだ、と言う人は違う認識のようです。
西洋の人の感情に対する考えも少し違います。

心理学は西洋人の考えたものですが、それらの本を読んでも感情とはなにかを理解するのは難しいと感じます。
なにをそんなに難しく考えているのか、と思う事もあります。

脳が心を作っていると考える人は、感情も脳が発すると考えているようです。


は、
知覚(感じること)が先にあって、それを脳で認識するから心が生まれるのだと考えます。
その認識が細かいところが、人間の脳のすごいところで、だから人間の心はこんなにいろいろなものを生み出せるのです。

でも、知覚の鈍い人、感情のとぼしい人はそもそも心の源泉が少ないのでできることが限られてきます。


野口晴哉先生の著書にはよく、
「~でなければいけない」「~をやらねばならない」
で行動している人は、弱くなると書かれています。

その人の欲求や要求を土台にして行動しないとメリハリが出てきません。
欲求や要求の元は身体の知覚です。


それを無視して行動していると、自分の感情が分からなくなってきます。



口先生の著書に「心の使い方」という言い方が出てきます。
心は使えるというのです。

私もそう思います。

心は自分の中にある時もあるし、外にある時もあります。
遠く宇宙のはてまでも飛ばす事もできます。


でも、脳が心を作っていると考えている間は、心を自由に使うことは難しいと思います。
自分の知覚や感情が心の源である、それを認識して心が生まれる。
それがわかればコントロールする事もできる。
認識、制御するのが脳の働きだと理解すると心を使う事が簡単になってきます。

もちろん訓練は要ります。
自分の感情を知るために、身体の柔軟さが必要です。
心を制御するには、意思と想像の関係性について知る必要もあります。


心にベクトル、方向性を持たせると使えるようになりますが、その時に意思の力を使うと難しいのです。
空想や想像を使うことがコツです。

ベクトルや方向性を持たせるには、目標やゴール(最終地点)を認識することも大事です。



しは心の使い方が分かって来ると改めて思うのが、日本語に身体言葉がたくさんあることの凄さです。
身体言葉は、自分の感情にとらわれて感情でいっぱいになってしまう人からは出て来ないのではないかと思います。
身体言葉を使っていた昔の日本人には自分の心を使える人がたくさんいたのかもしれません。


スポンサーサイト
プロフィール

tamon

Author:tamon
整体師首藤多聞の個人ブログ。
茨木市しゅとう整体非公式ブログ
一介の整体師として思っていることをつらつらと書いています
興味のあること、
野口整体、背骨、筋肉、心と身体の関係。
人間を理解するのに、身体というアプローチの方法がある事を教えてくれた整体の考え方に感謝、感激している毎日です。

タグクラウドとサーチ

全記事表示リンク
Categories...

openclose

ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム
フリーエリア
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031