FC2ブログ
HOME   »  歪み
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
「すぐ足を組む癖があるので、気をつけています」
良く聞く言葉です。


足を組むから歪みが発生すると考えてしまいますが、実は違います。
歪むから足を組みたくなるのです。


人は身体の使い方に癖があります。
いつも両足に均等に体重をかけている人はいません。


より使う方はより疲れます。足を組むときは無意識にそちらの足を上に乗せて休めているのです。
実はこれは、身体から見るとそんなに悪い事ではありません。
むしろ、疲れた足を休めるのに必要な行為とも言えます。


もし、疲れた足を休めずに反対側に足を組むと、つかれた側の足により負担を掛けるような姿勢を作ってしまいます。

これはあまり良くありません。


それに、より使う方の足はその人にとってより強い足である場合が多いです。
人は無意識により強い足を使う癖があるようです。
意識的に反対の弱い足を使うようにするとかえってその事が歪みの原因になることもあります。


疲れたら素直に休めるのが大事です。


でも、あまりにも強い方の足のあしと弱い方の足のバランスが崩れたときは、多少意識して弱い方を鍛えた方が良いかもしれません。

本当は整体師などに調整してもらうのが良いと思いますが、必ずしも整体師は左右均等にするわけではありません。


左右均等にすると強い方の足を去勢する事にもなってしまいます。
整体師はその人が一番力を発揮しやすいように調整します。
整体師がやる事は、より使う強い方の足の緊張を緩めてやるだけ、ということもあります。


これはある意味では、足を無意識に組むことと同じ事をしているのです。
身体の無意識の動きがスムーズに出ている人には整体師は必要ないのです。


どうしても、左右均等に足を使いたい人は、この無意識に足を組むと言う行動に気付く事が大事です。


自分がそうしている事に気付いたら、それを無理に矯正するのではなく、なぜそちらの足を上にして組むかを考えて、日常生活を工夫するのが良いと思います。


ただ、工夫のしかたにもコツがあって専門の知識も必要ですから少し難しいと思います。
その辺もいづれブログで紹介していきたいと思っています。

ちょっとまとまりがなくなりましたが今日はこの辺で。


新ブログの「足を組むから歪む?」もご覧下さい。
スポンサーサイト



プロフィール

tamon

Author:tamon
整体師首藤多聞の個人ブログ。
茨木市しゅとう整体非公式ブログ
一介の整体師として思っていることをつらつらと書いています
興味のあること、
野口整体、背骨、筋肉、心と身体の関係。
人間を理解するのに、身体というアプローチの方法がある事を教えてくれた整体の考え方に感謝、感激している毎日です。

タグクラウドとサーチ

全記事表示リンク
Categories...

openclose

ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム
フリーエリア
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031