FC2ブログ
HOME   »  股関節
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
正座は、コツ(骨)をつかめばとても楽な座り方です。

簡単にいうと、かかとの上に、股関節の出っ張りの部分(大転子といいます)を乗っけるんですね。

上体は反りすぎず、丸まり過ぎず、ちょうど良い位置を探してみて下さい。

上手く行くと、かかとに、大転子が刺さるような姿勢が見つかります。

骨の上に骨を乗せているから、筋肉に力を入れずに楽に座れるんです。

ここに重心があると、膝に力が入りませんから楽ですし、本当にいい位置に大転子が乗ると足首の力も抜けるので、しびれにくくなります。

でも、普段食べ過ぎている人は足首が固くなっているし、筋肉を付け過ぎている人や、運動不足で内蔵の動きが悪くなっている人は、身体が固くなっていて細かい重心の移動を感じにくいので、難しいかもしれません。

反対に、一旦正座のコツ(骨)をつかむと、最近食べすぎだな、最近身体が固いな、など自己反省の目安になります。

肉ばかり付けて、骨抜きの人間にならないように用心しましょう。
スポンサーサイト



プロフィール

tamon

Author:tamon
整体師首藤多聞の個人ブログ。
茨木市しゅとう整体非公式ブログ
一介の整体師として思っていることをつらつらと書いています
興味のあること、
野口整体、背骨、筋肉、心と身体の関係。
人間を理解するのに、身体というアプローチの方法がある事を教えてくれた整体の考え方に感謝、感激している毎日です。

タグクラウドとサーチ

全記事表示リンク
Categories...

openclose

ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム
フリーエリア
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031