FC2ブログ
HOME   »  整体のある生活
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
身体が重い時は、身体の捻る動きが悪くなっているものです。
捻る動きを回復させるために、「太股の内側」「側腹」と見てきましたが、もう一つ注目したい場所が「肩甲骨の付け根」です。

ここは、上半身の捻る動き、特に腕の動きと関係の深い所です。
この場所の動きが悪いと、腰の感覚も鈍くなります。
また、ここの柔軟性は「脇を締める感覚」をつかむのにも重要です。


まず場所を確認します。
腕の付け根から背中側にかけて、肩甲骨に触れると思います。

腋の下から肩甲骨の裏側に親指を当てて、他の指で外側からつまみます。
そこが固い人は、肉だけをつまんでも結構です。

そして上から順に肩甲骨の下端までつまんでいきます。
または押さえていきます。
だるい時は、とても痛気持ち良い所があると思います。(かなり痛いです)

痛気持ち良い所が見つかったら、そこを押さえながらしばらく気持ち良さにひたります。
この場所はリンパの流れとも関係の深い所です。


この「肩甲骨の付け根」は左右両方押さえても良いのですが、
だるい時は、左右どちらかに特に痛気持ち良い場所があります。

そういう時は、それに対応するように、もう片方の腋の下から胸の方の筋肉(大胸筋)をつまみます。
これはかなり大きくつまんだ方が気持ち良い場合が多いです。

捻る動きが悪い時は、このように左右で片方は後ろ、もう片方は前というように痛気持ち良い場所があるものです。
つまり捩れて、固くなっているというわけです。

でも、これは理論なので実際に場所を探す時は、気持ち良い場所を一番の手がかりにして探して下さい。

この場所は、寝苦しい時や、いくら寝ても眠い時などにも有効です。
リンパの集中している所なので、特に注目したい場所ですね。

「身体が重いときは」シリーズはとりあえずこれで終わりです。
表現が難しかったかもしれませんが、いずれ画像か動画などで説明できたら、と思っています。

さて、これから秋にかけては、汗をどう処理するかということが結構重要な問題です。
次回はそのことについて書いていこうと思います。

「身体が重いときは」
「身体が重いときは2」
「身体が重いときは3」

しゅとう整体のホームページにてコラム「身体が重く感じるのは」もご覧下さい。


スポンサーサイト
最近は梅雨の中休みでしょうか。
あまり雨が降らないので、冷えている人は減っているようですが、この湿気で身体がだるい、重いという人は増えているようです。
今回は肩甲骨について書く予定でしたが、予定を変更してだるさに効く「足の指ひっぱり」について書きます


梅雨時にはとにかく足が縮みます。

そこでオススメなのが、「足の指ひっぱり」です。
これは、誰かにやってもらわないと少し難しいかもしれません。
やり方は簡単です。その名の通り、足の指をひっぱるのです。

気をつけることは、
・強引に引っ張らないこと。
・「引っ張られて気持ちいい」という段階を越えないことです。

「引っ張る」というと男の人などはたまに思いっきり引っ張ることがあるので、やってもらう時はその辺の事を確認しておきましょう。


では、やってみましょう。

足の小指から順に、指の真ん中付近をつまんで引っ張ります。
親指まで順にやって、一番気持ち良い指があったらその指を重点的に引っ張ります。

どれが気持ち良いか分からない場合は、
「少し捻りながらひっぱる」、「少し上へ持ち上げるようにひっぱる」「少し下方向へひっぱる」「少し左右方向へひっぱる」など、真っすぐでなくて、少し方向をつけて引っ張ってみて下さい。

慣れてきたら、指のつまみ方に変化を持たせます。
「指の先の方をつまむ」、「指の付け根をつまむ」、「指を縦方向につまむ」、「指を横方向につまむ」
その中で一番気持ちいいのを採用します。

気持ち良い指を重点的に引っ張っていると、引っ張って欲しい指が他の指に変わってきます。
そうなったら、次に一番気持ち良い指を引っ張って下さい。
そうやって一通り引っ張ったら、足がなんだか軽くなっているはずです。


足の指を引っ張るという単純なことでもつまみ方やひっぱる方向を少し変えるだけで、感覚は全く違ってきます。
人間の身体の感覚とはとても微妙なものなのだと思わされます。
面白いものですね。


また、だるい時は足の裏側が縮んでいる場合が多いので、
「身体が重いときは」にある、太股の裏がわの縮みを緩める方法も試してみて下さいね。

「身体が重いときは」
「身体が重いときは2」
「身体が重いときは4」
もご覧下さい。

しゅとう整体のホームページにてコラム「身体が重く感じるのは」もご覧下さい。


身体が重い時には、腰の動きが悪くなっているものです。
特に、お腹の横側の「側腹」と呼ばれる所が強張っていることがよくあります。

「側腹」とは、お腹の横側の「肋骨と骨盤の間」の部分です。
ここが固くなると、やはり、腰の捻る動きが悪くなります。

「側腹」が固くなる理由の一つは、
前回書いた様に冷えることで太股の内側が強張るからです。
太股の内側と「側腹」は連動するのです。

もう一つの理由は、
食べ過ぎ、飲み過ぎによって肋骨が下がってきて「肋骨と骨盤の間」が狭くなるからです。

胃に負担がかかると背中の左側が固くなります、
肝臓に負担がかかると背中の右側が固くなります。
「側腹」の固い人は、
背中が硬く亀の甲羅の様になっていて盛り上がっている人が多いのです。

身体を左右に揺らしながら四角い冷蔵庫が動いているように歩く人を時々見かけますが、「側腹」が固くなってまるで捻る動きができない人です。


「側腹」の緩め方は簡単です。
いつでもできます。

まず、お腹の横の「肋骨と骨盤の間」を確認します。
この間に指が3本以上入ると正常だと言われています。

さて、場所が分かったら、そのお腹の横の肉を(筋肉?贅肉?)上から順につまんで下さい。
どこかに痛気持ち良い場所があるはずです。

つまみ方もいろいろ試して下さい。
大きくつまむ、小さくつまむ、場合によっては
皮膚の部分だけをつねる様につまむのが効果がある時もあります。
場所も少しお腹側、少し背中側、といろいろ試してみて下さい。

目安になるのは、痛気持ち良い所です。
「イテテテテッ」などと言いながら、
つまんでしばらく痛気持ち良さにひたる様にします。
そして、身体を捻ってみて下さい。
前よりより捻れると思います。
つまみながら捻っても良いですよ。

「側腹」がゆるんで捻る動きができるようになったら、身体がさっぱりします。
鈍っていた身体が動きだすような感じです。
そうすると食べ過ぎることもなくなります。

食べ過ぎる時は身体が鈍っている時が多いのですね。
冷えが原因で太股の内側が固くなり、その連動で「側腹」が固くなり食べ過ぎることもあります。

「側腹」はとても大事な所なのです。
ウエストも細くなるかもしれませんよ。

では、次回は肩甲骨の付け根に注目してみます。

「身体が重いときは」
「身体が重いときは3」
「身体が重いときは4」
もご覧下さい。

しゅとう整体のホームページにてコラム「身体が重く感じるのは」もご覧下さい。

梅雨に入って身体が重く感じる人も多いのではないでしょうか。
身体が重いというのは、腰の動きが悪いということでもあります。

腰の動きが悪くなると、腰が重い、腰痛が出るだけでなく強情になったり、頭がぼーっとしたりします。

腰の動きが悪い時は、足の筋肉が強張っているものです。
この時期は、雨による冷えや、寒暖の差によって、
足の筋肉が縮むことが多くあります。

特に注目したいのが、太股の「内側」の筋肉と太股の「裏側」の筋肉です。

太股の「内側」の筋肉が強張って縮んだままになっていると、
腰の捻る動きが悪くなります。
捻る動きが鈍ると腎臓の働きが鈍ってきます。

太股の「裏側」の筋肉が強張っていると、
腰の反る動きが悪くなってきます。
腰の反る動きが悪くなると、胸も縮んでくるため、気分が暗くなります。
また、胸が縮むと汗の出が悪くなるため、汗で出るはずの水分を腎臓が負担するようになり、腎臓に負担がかかります。

梅雨時は腎臓に負担がかかりやすい時期なのです。


さて、太股の「内側」の緩め方です。
まず、足を前に投げ出すようにして地面に座ります。
そして、膝の裏側と膝のお皿の間にわりと太い筋肉があると思いますが、
その筋肉を下から上へ動かすようにして、ゆっくりと弾きます。

つまりへばりついているのを動かしてやるようなイメージです。
それを膝の内側から、太股の付け根までやって下さい。
分かりにくい場合は、その辺りを優しくほぐして下さい。
ここの筋肉が縮んだままになっていると腰の捻る動きが悪くなります。

次に、太股の「裏側」の緩め方です。
太股の裏側はできれば誰かにやってもらうのが良いでしょう。

座骨の付け根から付いている筋肉を(わからなければその辺り)、
後ろから見て内側から外側へゆっくりと弾きます。

これも骨にへばりついて固まっているのを動かすイメージです。
それを座骨の付け根から、膝の裏側までやります。
ここの筋肉が柔軟になると腰が伸びるように感じられると思います。

また、大股で少し早足で30歩程歩くことでも、似たような効果が得られます。
気分が沈む時に、思い切って大股で歩くと元気が出てくるのは、
太股の「裏側」が伸びて、腰が反ってきて、胸が広がるからです。

上記の説明は、文章だと分かりづらいかもしれませんが、
要は筋肉が柔軟になって弾力が出てくればいいのです。

ですが、ぎゅうぎゅうと力で揉むのは、後でかえって固くなることがあるのでおすすめしません。

手で優しく、強張った筋肉をほぐすようにすると良いです。
また、蒸しタオルをその場所に当てるのも効果があります。
(火傷には注意して下さいね)

さて、これらの筋肉を緩めると、腎臓が良く働くようになります。
鈍っていた利尿作用を助けるために、水を一杯飲んで下さい。
うまくいくと、少し経ってからとても濃いおしっこが出る場合もあります。

身体が重い時に有効な方法はまだあります。
「側腹」、「肩甲骨の付け根」を緩めるのです。
次回はその方法を書いていきたいと思います。

「身体が重い時は2」
「身体が重いときは3」
「身体が重いときは4」

しゅとう整体のホームページにてコラム「身体が重く感じるのは」もご覧下さい。
本当に寒いですね。

あまりに寒いので、熱いお茶などを飲んで暖まろうとしてしまいます。

私も熱いお茶が好きなので、ついつい寒の水の事を忘れていました。

外から帰ってきた時などはそれで良いのですが、家の中で暖房をつけていると身体が乾いてきます。

乾いてくると、より寒さを感じるようになります。

そういう時に冷たい水を飲んでみましょう。

予想外においしかったら身体が欲しているサインです。

できれば、一気に飲まずに、ちびちびと飲んでみて下さい。

身体が潤ってきたら、寒さも和らいでくるから不思議です。

12月から3月ごろまでは冷たい水を飲むことが有効な時期です。

ただし、おいしく感じられなくなったらやめて下さい。

詳しくは、乾く身体2を読んでみて下さい。

プロフィール

tamon

Author:tamon
整体師首藤多聞の個人ブログ。
茨木市しゅとう整体非公式ブログ
一介の整体師として思っていることをつらつらと書いています
興味のあること、
野口整体、背骨、筋肉、心と身体の関係。
人間を理解するのに、身体というアプローチの方法がある事を教えてくれた整体の考え方に感謝、感激している毎日です。

タグクラウドとサーチ

全記事表示リンク
Categories...

openclose

ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム
フリーエリア
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031