FC2ブログ
HOME   »  コツ(骨)をつかむ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
「もっとよくボールを見て」
「最短距離でバットを振れ」
「ほら、タイミングが遅れている」

バッティングセンターに行くとよく見る風景です。
親子で来ていて、息子が打っている後ろで、お父さんがガミガミと一球ごとに注意しています。


息子は初めは打てているのに、だんだん萎縮していき、空振りや当たり損ねが増えて、そのたびにお父さんにガミガミ言われています。


こういう風景を見ると残念な気持ちになります。


いろいろと言いたい気持ちは分かりますが、やっている間にいろいろ言われて上手くなっている子供を見たことはありません。


の考えでは、初心者レベルの子供に教えることは、2つぐらいしかないと思っています。
それは、
「バットの握り方」そして、「バックスイング」です。


その他の事はバットを振っていくごとに自然と覚えていくことです。
子供は身体が柔らかいし、感性も優れています。
たくさんの事を意識させて混乱させるよりも、自分の感覚に集中することを教えて、1球ごとに工夫する事を教えるのがいいと思います。


ただ、バットの握り方は教えるべきだと思います。
前回書いたように小指に力を入れ絞るように握るのが大事です。


バットと自分の接点は全ての「基点」です。
そこが間違っていると、身体の力を発揮できません。
工夫しても身体の力を一つにまとめる事ができなくなります。


バッティングの要点はただ一つで、ボールにバットが当たる瞬間に自分の力がすべてボールに伝わるように力を一つにまとめることです。


小指に力を入れて握らないとバットに力が伝わっていかないのです。
身体の構造がそうなっているのです。


当は握りかただけでもいいぐらいですが、もうひとつ言うとしたら、「ためを作る」ことです。
「バックスイング」のことです。

力を一つにまとめるには、タイミングが必要です。
そのために「ため」が要ります。


でも本当は「握り方」をしっかり理解していれば「ため」は自然と生まれてきます。
身体がそういう風にできているのです。

反対に握り方を理解できない人には、バックスイングをしっかり取るように指導すると小指に力を入れるコツがつかみやすいかもしれません。


ろいろ書きましたが、ここで言いたい事は、子供は伸び伸びとさせて、自分で成長する可能性を信じて見守る方が上達が速いということです。

身体が一つにまとまって、力が一つにまとまっていないと、全力が発揮できません。
そのためには、心が集中している必要があります。


後ろからガミガミいうことや、注意することがその集中をどれだけ邪魔しているか想像して欲しいものです。


後ろから注意されている子供は、ボールに集中しているのじゃなく、お父さんに集中しています。
だから打てないのです。


体師の私がなぜこんなことを言うのかというと、身体が一つにまとまって全力を発揮できない状態が続くと、身体に不調が出てくるからです。

私の整体は、身体を真っすぐにするというよりも、力の偏りをなくし一つにまとまることを目的としています。
力の偏りこそが不調の原因と考えているからです。


人がなにかを工夫して、集中しているときは、身体は一つにまとまっています。
そうなるように導いた方が、何事も上達が早いと思いませんか。


バッティングセンターに行っていつも思う事です。


PS
最近はバッティングセンターへは行っていません。
手への負担が大きく、施術の時の感覚が鈍るからです。
野球好きの私には少しつらいですが、しかたないですね。
スポンサーサイト



お箸を持つ時、お茶碗を持つ時、
包丁を持つ時、
バットを握る時、
ラケットを握る時、

ものを持つ時、握る時に参考になる格言があります。


「足は親指、手は小指」


足の親指、手の小指、両方とも力を入れるべき所、
あるいは、力が集まるべき所とも言えます。



「手は小指」について考えてみましょう。


武術や整体では、手の小指は腰に繋がっていると言われます。


宮本武蔵の「五輪書」に刀の持ち方が書かれています。

『太刀の持ち方は、親指と人差し指をやや浮かすような心持ちとし、中指はしめずゆるめず、薬指と小指をしめるようにして持つのである。手の内にゆるみがあるのは良くない。……能々心得べきものである。』


この持ち方は、テニス、野球、ゴルフなど手に持ってスウィングするようなスポーツをやった事のある人にはおなじみのものです。

なにか棒のようなものを持って振り回す時には、小指で引っ掛けるように持つと身体の一部のように扱いやすくなります。
実際にやってみると分かります。
振り抜きやすくなります。


反対に親指や人差し指に力をいれるように持つとどうなるでしょう。
肩に力が入りやすくなります。
腰が伸びずに力みやすくなり、野球やテニスでよく言われる「手打ち」になりがちです。


うやら人間の身体はそういう構造になっているようです。
小指に力を入れて持つと、腰とつながり、腰が伸び、視野が広くなるのに対し、
親指側に力を入れて持つと、肩や首に力が入り、腰が丸まってきます。
そのままスウィングすると、かっこわるい「手打ち」になってしまいます。


自分の身体に敏感になってくると、物の持ち方一つで身体のバランスが変わってくることに気付くようになります。
そして恐ろしいことには、持ち方を間違えると力みを抜こうと思っても抜けないのです。



野球を例にすると、

親指に力を入れてバットを持って、いざ、肩の力を抜き、手打ちにならないように腰で打とうとしても、
身体が一つにまとまらずにバラバラになってしまいます。

小指に力を入れて持つと、
特になにも意識していないのに力が身体の中心である腰に集まり、身体が一つにまとまったスウィングができてしまいます。



お箸の持ち方でも同様です。

お箸の使い方が下手な人を観察すると、やはりほとんどの人は親指に変な力が入っています。
お箸に直接触れるのは、親指、人差し指、中指なので、力が入りやすいのだと思われます。

お箸を持つときは、使わない小指、薬指に力が集まっている必要があります。
小指に力を入れ、腰と繋げると、その他の指がフリーになってきます。
そしてやわらかくお箸を持つとお箸を上手に使えます。


小指を締めることを体感するのにいい方法があります。
まず手のひらを上に向けます。
そしてお箸でも鉛筆でも何でも良いので、指の付け根の関節の辺りに当てます。
小指から順に薬指、中指と握っていくと、人差し指と親指がフリーになって伸びていると思います。
手でピストルを作る時の形ですね。
この握り方が、腰と手をつなげる握り方です。



て、問題は「持ち方」を間違えると意識して力を抜こうとしても難しいということです。
持ち方をやかましく言われる理由はこのへんにありそうです。

持ち方を間違えると努力しても上手くいかないこともあります。
そんな光景をよく見るのがバッティングセンターです。


続きは次回です。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

箸の持ち方、鉛筆の持ち方をやかましく言われるのには訳があります。
行儀が悪いとか、恥ずかしいから、だけでなく手を上手に使わないと全身が力んでくるからです。


手は全身と連動しています。
意識しないとなかなか気付きませんが、気付くようになるとお箸の持ち方や鉛筆の握り方を工夫すると身体が柔らかくなったり、固くなったりするのがわかります。


手のひらを上に向けるか、
手のひらを下に向けるか、

親指を中に入れるか、
親指を外に張るか、

小指側に力を入れるか、
親指側に力を入れるか、


自分の身体に敏感になると、手の力の入れ具合や手に対する意識の持ち方を変えるだけで全身を変化させることができます。



本人は手について敏感だった様です。


お箸の持ち方、鉛筆の持ち方に限らず、
お茶碗の持ち方や


刀の握り方、
包丁の持ち方、
バットの握り方、
ラケットの握り方、


一番良い、適切な手の使い方が、本当はあります。


「手の内を変えると全身が変わるよ」
と言った武術家がいたそうです。


手の内を変えるとは聞き慣れない言葉です。
手の内とは、手の力の入れ方、指の力の入れ方、手に対する意識の持ち方を統合したような言葉です。


なぜ、人差し指で自分を指す人と、親指を指す人がいるのか。
年配の人が携帯電話のボタンを押す時に、人差し指を使うのは何故か。


手に対する意識が違うからです。


携帯や、ゲームが出て来た時に、手の使い方が親指偏重になることの危機が言われていました。


親指偏重になると、全能感が強くなるとか聞いたことがありますが、あまり実感がありませんでした。
でも携帯のボタンをを親指で押す人と人差し指で押す人には、意識の違いがあるのは確実です。


意識の違いは、力の入れ具合から発生し、力の入れ具合の違いは全身のバランスの違いとして現われてきます。


お箸の持ち方や、お茶碗の持ち方、鉛筆の持ち方をやかましく言われたのには、日本人が大事にしてきた身体の文化が根底にあります。
そこに一定の法則性もあるようです。


親指偏重になることを危惧するのは、日本人がものを持つ時に小指に力を入れることを良しとしていたからです。
野球やテニス、剣道をやったことのある人は知っていると思います。


少し長くなりましたので、続きは次回にお話しします。
いろいろと手に対する格言もありますが、そのようなお話をしていきます。


最後まで読んで頂きありがとうございました。


最近は、パソコンのキーボードやマウス操作によって、手首を強張らせている人が多いようです。

手首という処は、本来とても繊細な動きが要求されるところです。

手先の不器用な人は大概、手首が力んでいます。
また、手首が力んでいると、指にも余計な力が入ってしまいます。

指の固い人というのは、頭の固い人が多いのです。
というのも、手の力みは頭の血行と関係が深いからです。
頭の血が巡らないような感じのする人、頭に血が上って降りないように感じる人は、手首を緩めるとすうっと血が巡るように感じます。

また、片方の手首だけが力んでいると、首が曲がってきます。
そうなると、身体の歪みに自分で気付かない、ということも起こってきます。

パソコンだけでなく、スポーツ等では、
片方の手だけを特に使うスポーツ、テニス、卓球、バドミントン、また、野球、ゴルフ等のスウィング系も手首に負担がかかりやすいです。


さて、手首の緩め方です。
まず、手首をぶらぶらさせます。
ぶらぶらさせるごとに指の力が抜けていきます。
指の力が抜けるごとに手首の力も抜けていきます。

ある程度力が抜けたら、今度は手を縦に振ってみましょう。
手のひらが、自分から見て縦になるようにして、ひじと手首の中間の辺りをもう片方の手で掴みます。
そして縦に振ってみるのです。
手首が緩んでいたら、腕の中の2本の骨が動くのが分かると思います。
この場合も指の力を抜くと上手くいきます。
最後に親指を軽く引っ張ります。
親指を引っ張ることによって手首が締まってきます。
手首が締まると指が良く動くようになります。

この運動は指の力の偏りをリセットさせる効用があります。
手首が強張るというのは、指の力の入れ方が偏るということでもあるのです。

さて、緩める時に少しコツがあります。
それは、手をぶらぶらさせると、緩む緩むとさらにぶらぶらしやすくなる。
という循環を意識することです。
できなくても、そのようにイメージするだけでも構いません。
慣れると、指の付け根の骨も緩んで動いてくるのが意識できるようになります。

休憩時間や、眠る前などに手首を緩めるとよりリラックスできるでしょう。
携帯のメールを打った後もやってみて下さい。親指に力が偏っていますよ。
座骨という骨は読んで字のごとく、座る骨です。
座る時にその部分に重心を落とすと、背筋がすっと伸びて気持ちいいものです。
座骨で座るコツ(骨)をつかむと、背中に力を入れなくても、背筋を伸ばして座ることができます。

椅子に座ると腰が曲がってしまう人がいます。
あるいは、腰が痛くなってしまう人がいます。

そのような人は座骨でなくて、太ももの裏側で座っています。
専門的に言うと、ハムストリングスの所に重心が落ちているのです。

椅子に浅く腰掛けてみましょう。
太ももの裏側が椅子に付かずに、嫌でも座骨で座ってしまいます。
そして、嫌でも腰が伸びてきます。

次に、太ももの裏側が椅子に付くように座ってみましょう。
腰を曲げて座るのが楽なはずです。
その位置で腰を立てようとすると、やはり座骨の下に重心がきます。

基本的に、日本人は、椅子に座ると腰が曲がる人が多いようです。
そういう人は、椅子に浅く腰掛けましょう。

あるいは、背もたれのない丸い椅子に座ってみましょう。
イメージは、三味線を弾く人の座り方です。
あれは、浅く腰掛けないとできません。

勉強で集中できない人は試してみるといいと思います。
プロフィール

tamon

Author:tamon
整体師首藤多聞の個人ブログ。
茨木市しゅとう整体非公式ブログ
一介の整体師として思っていることをつらつらと書いています
興味のあること、
野口整体、背骨、筋肉、心と身体の関係。
人間を理解するのに、身体というアプローチの方法がある事を教えてくれた整体の考え方に感謝、感激している毎日です。

タグクラウドとサーチ

全記事表示リンク
Categories...

openclose

ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム
フリーエリア
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031