FC2ブログ
HOME   »  身体の自然を取り戻す
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
口晴哉先生が、

「~ねばならない」
「~をしなければならない」

で行動すると人は弱くなる、とよく著書に書いていますがなぜでしょう。


ぜそうなるのか話す前にまず「弱くなる」とはどういうことか考えてみましょう。

野口整体では、

・ 病気一つしない健康体とか、
・ 痛みや悲しみなどを何一つ感じない強靭な心

というような人を強いとは考えていません。


では、どんな人が強い人でしょう。

・ 身体に故障があってもそのように生活でき、
・ 風邪を引いたら熱を下げるのでなく、経過させる心の余裕を持ち、
・ 自分の要求に従って行動できる人。

ひとことでいうならば「素直な人」でしょうか。


笑いたい時に笑い、泣きたい時に泣き、
いつまでもこだわらないような心の持ち様を知っている人。

そういう人が本当に強い人だと思います。


野口整体でいう強い人を定義するなら、
「積極的に行動できる人」
と言えると思います。

自分の要求を行為で表すことのできる人とも言えるでしょう。


はいっても誰もが自分の感情をそのまま直接表せないとダメだと考えているのではありません。
泣く、笑うという表現方法でなくても人は表す事ができます。

例えば、
音楽という形で表現する
詩という形で表現する
手紙で伝える

自分の表現方法を持っていれば良いと考えています。

もちろん考えなければいけないのは、
他人を傷つけたり、自分を傷つけたりする方法は良くないという事です。

自分の表現方法を持っている人は、自分を表現するという「行動ができる」人です。


こでもう一度考えてみます。

「~ねばならない」
「~をしなければならない」

の人はなぜ弱くなるのでしょう。


そこにその人の「要求」や「感情」がないからです。
人は不思議なもので「要求」や「感情」を感じないと
行動できなくなるのです。


「~しなければならない」と考えている人は、
一見行動しているように見えますが、

自分で考えて、
やりたい事を知り、
そのために勉強をして、
やりたいことをやり、
生き生きと生活する、

というように積極的に行動することができません。


積極的に行動できない人は、自分の深い所で「要求」や「感情」が昇華されないまま渦巻いているのです。
それが、身体の不調として表に出てくるのです。

自分の「要求」や「感情」に敏感になることをしていないと、自分がなにをやりたいのかわからなくなり、「要求」や「感情」の昇華の仕方がわからなくなります。

そうすると、いつまでも不安や不満が消えなかったり、他人を傷つけてみたり、最後には自分を傷つけることにもなってしまうのです。



口先生は「全生」ということを言われています。
元は禅の言葉ですが、全部生きるということです。

命を全部使い切れば、後は安らかに死ねるというのです。

最後に少し重い話しになりましたが、
次回は、「行動と感情と想像」のようなテーマで続きのお話をしていきます。

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。


スポンサーサイト



ブログをやっていると不思議なことに、どんどん記事を思いついてどんどん書けるときと、ぜんぜん記事が思いつかない、ぜんぜん頭が働かない時があります。

私も書ける時は、毎日でもネタを思いついてどんどん書けるのですが、書けない時は頭が働かないし、ネタもちょっと思いついては、消えてという風になります。
そんなことが1ヶ月続いたこともあります。


なんでかな、って思ってふと気付いたのですが、書けないとき、頭が働かない時って手首が固くなっているんです。

そして親指です。
って自分でそのことを記事にしているんですがね。
  ↓
「手首の強張りを緩める」

偉そうなこと書いといて自分でなっていたら世話ないですよね。
でも分かっていてもそういうことに陥っちゃうんです。


私は整体師なので親指をよく使うのですが、力んで使っていて緩まなくなるみたいです。

緩まなくなるというよりは、緩み方がわからない、どういう状態が自然な状態だったか忘れてしまうという感じです。


野口晴哉先生の本には、小説家が書けなくなったときに、焦って、ペンをぎゅっと握っているから手に力が入って余計頭が働かない、というようなことが書いてあります。
肘に力が入っていると頭の中で堂々巡りを始めるとも書かれています。

最近、またこれを実感しました。前回より実感しました。本当にそうです。

自分で、手首の緩め方を書いといてなんですが、手首や手の指が緩んでくると本当に頭の血行が良くなるように感じます。


どうやら、私は手首を固めやすいようです。
手首が力みやすいのです。
人によっては肘が力みやすい人や、肩に力が入りやすい人、いろいろあります。

いずれにしても、肩から先の部分を力ませると頭の働きが鈍りやすいと思います。


でも、それがわかっていても力みの罠にハマってしまうのは何とかしたいものです。

いまのところは常に注意する、という方法しか思いつきません。
張り紙でもしたらいいのかもしれないですけど、私は壁に何か目標とか貼るのって好きじゃないんでどうしようかな、と考え中です。


いずれにしても自分の中で何かが堂々巡りをしていて出て行かない時、アイデア、文章、熱でもそうですけど。
そういう時って身体が力んでいることが多いです。
というより100%そうだと私は思います。

筋肉の力みって脳と関係が深いですからね。

よく、アイデアが出ない時は身体を動かせば良いとかいいますけど、あたりまえじゃない、と思います。
身体を動かせば力みが取れてきますからね。


でも分かっていても、力みの罠に陥るときってのが人間にあるんですよね。
そういう時って、心の奥底に恐怖とか、劣等感とか、焦りとかそういうのがあるときだと思います。


私も施術を受けに来た人の受けが良くない風だった時に、すごく力みますからね。


まあ、こんなことを繰り返しながらだんだんと力まなくなるのかなあと思っています。

今回は、自分が手首を固めやすい身体の癖があるってことがわかっただけでも収穫だと思います。


では、どうもありがとうございまいた。
夏は汗の処理をどうするかを考えるべき季節です。
本当は汗の処理は一年中大事なテーマです。
特に秋の初めは、昼間暑くて、夜涼しいので、気をつけなければいけないのですが、
今は、エアコンがありますので、夏でも汗を冷やす人が多いので夏の問題でもあるのです。

さて、汗をかくのは良い事です。
夏はどんどん汗をかくべき季節です。

汗は排泄の役割も果たしますし、なにより「汗をかく事」と「身体が緩む事」は同じだからです。
汗をどんどんかける人、汗をかくのが好きな人は夏が好きなのではないでしょうか。

呼吸器の強い人は汗をかくのが好きです。
どんどん汗をかいて、どんどん運動して、どんどん食べて、と呼吸器の強さと元気さは比例します。
汗をかききらないうちに汗を冷やして引っ込めると、呼吸器に負担がかかります。
汗で出す水分を腎臓が負担するので、腎臓にも負担がかかります。

冷房や、扇風機をかけたまま寝ると、朝起きたらとてもだるいと思います。
だるいのは、呼吸器が強張っているからです。
呼吸器と関係の深い筋肉も強張っています。(胸の筋肉や、太股の裏側の筋肉)

そういう時は、お風呂に入ったり、熱いお茶を飲んだり、汗をかくとだるいのが取れてくると思います。
汗をかくと身体が緩むからです。
汗を引っ込めると、とにかく身体が強張ります。
何度寝ても眠い人も、汗を一度どっとかくと、良く眠れるようになります。


夏に何だか調子が悪くなったら、汗を冷やした事がないか疑うといいでしょう。
もしそうなら、汗をかくと急に元気になります。

そして、再び冷やさないように、ちゃんとふき取りましょう。
汗がふきだしてくる間はふき取らずに、出るに任せます。
汗が出きると、汗がさらさらしてきます。そうするとふき取って下さい。
汗がべとべとしている間は、出るに任せるのがいいです。


水分は身体が求める量を取って下さいね。
水分補給などと言って、機械に水分を補給するような言い方をしないで、
飲みたいから飲むということを忘れないで下さい。
そうすると適量がわかるようになってきます。
汗もかかないのに冷たい水ばかり飲んでいると、かえってしんどくなります。
汗が出ない時は、熱いお茶がオススメです。
熱中症も汗をかけない人がなります。
夏は汗をかきましょう。

「汗をかこう2」

春は、肝臓が良く動く時期です。
肝臓は頭の働きと深い関係があります。
また、肝臓は消化を助ける働きもあります。身体の左右の動きが良い人は消化の働きも良いのです。
しかし左右の動きの悪い人は、春に肝臓が思うように動かずにイライラしたり、頭が痛くなったり、気分が沈みがちになったりします。

いつもは頭が疲れた時、目が疲れた時は、目に直接愉気すること、目への蒸しタオルを勧めるのですが、この時期は左右の動きを司っているへの愉気をお勧めします。

の穴を直接塞ぐように両手のひらで覆い、愉気をします。
また、より少し上の側頭部を手のひらで押さえます。
頭の痛い方は、試してみて下さい。
側頭部を両方から少し押して痛みが楽になる、気持ちがほっとする場所があったら、そこを温めるような気持ちでしばらく手を当てます。

頭蓋骨にも筋肉があり、側頭骨についている筋肉は、頭を使い過ぎた場合などに固くなります。
その筋肉を緩めるイメージでやるのもいいでしょう。
あまり難しいことを考えると感覚が鈍くなくなるので、とにかく、気持ち良い場所、呼吸が楽になる場所が見つかったら、そこへ手を当てて、その場所が緩んでくることを感じるようにするのが良いと思います。

また、これは蒸しタオルで代用しても構いません。
への蒸しタオルは以外に気持ち良いものです。

愉気などによって心身がほぐれてきたら、脇腹を伸ばすような欠伸や伸びをしたくなるかもしれません。
その要求が出てくれば、頭もすっきりしてきます。

大概の人は、好きな季節と嫌いな季節があると思いますが、身体の動きの善し悪しによって良く動く内臓とそうでない内臓があることと関連しています。
個体差があるので一概には言えませんが、この時期にイライラしやすい、気持ちが沈みがちになる、頭が痛くなる人は、左右の動きを良くすることを試してみて下さい。
気持ちが楽になりますよ。

へ愉気をする。
への蒸しタオル。
脇腹を伸ばすような体操。
(欠伸のようにやるのがコツ。無理に伸ばさないように。)
施術をしていて手を当てていると、その人の身体の中が冷たいような、内臓が冷えているのじゃないかと感じる時があります。
そういう人に、「お風呂の時、湯船につかっていますか」と訊ねると、シャワーで済ましてしまっている人が多いです。

冷えが内向して腰痛などの原因となっている場合は、汗をクーラーで冷やしたり、身体を冷やす食べ物を好んで食べていたりと、一朝一夕になるものではありませんが、それでもお風呂好きな人と、シャワーで済ませる人では、結果にかなりの違いが出ると思います。

身体の冷えは想像以上に不調の原因になります。
冷えていると、血行が悪くなり、血管の弾力もなくなります。
筋肉の弾力もなくなり、身体が固くなります。

身体に弾力があれば、多少の歪みがあっても大して影響にはなりません。
弾力がある身体は、歪みが大きくなっても寝れば元に戻ります。

冷えている人でも一番問題なのは、自分で気付いていない人です。
寒がりな人は積極的に湯船に使っています。
しかし、シャワーで済ませることに慣れてしまっている人ほど、冷えの自覚がなく、腰痛や、肩こり、身体がだるい、などの症状に化けてしまっています。

湯船につかることの利点は腰から下が温まることです。
私は普段はシャワーはあまり使いませんが、やむなくシャワーだけで済まさなければならない時に気付くのは、頭はさっぱりするのに、膝から下が温まらないのです。
そうすると、腰から下の筋肉が萎縮するような感じがして、頭寒足熱、上虚下実と反対のようになってしまいます。
そういう時はやはり冷えているのです。

私は、銭湯などの身体をゆったりと伸ばせて入れるところをおすすめします。
最近はスーパー銭湯が多いので、場所に困ることはないと思います。

スーパー銭湯などでも、身体を洗うことに一生懸命で、湯船にさっと浸かるだけで出て行く人がいますが、もったいないなあ、と思います。
湯船に浸かって、心と身体をゆったりとさせ、身体の芯から温まり、汗で老廃物を出すことが気持ち良いと思うのです。

サウナでも良いのですが、サウナでかく汗は水分が多いのです。
ほどほどのお湯で時間をかけて汗を出すと、身体の奥から老廃物が出てきます。

せめてお風呂ぐらいはせかせかしないでのんびり入りたいものですね。
は~びばのんと。


プロフィール

tamon

Author:tamon
整体師首藤多聞の個人ブログ。
茨木市しゅとう整体非公式ブログ
一介の整体師として思っていることをつらつらと書いています
興味のあること、
野口整体、背骨、筋肉、心と身体の関係。
人間を理解するのに、身体というアプローチの方法がある事を教えてくれた整体の考え方に感謝、感激している毎日です。

タグクラウドとサーチ

全記事表示リンク
Categories...

openclose

ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム
フリーエリア
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930