FC2ブログ
HOME   »   身体の自然を取り戻す  »  乾く身体2
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
秋、冬に身体が乾いた時の水の飲み方についてもう少し詳しく書きます。

寒の水」と書きましたが、「寒の水」とは、正確には、二十四節気の「小寒」から「節分」までを「寒」といい、その間に汲んでおいた水を「寒の水」と呼ぶようです。「寒の水」は腐らないとされていたので飲むとよいとされてきたようです。

そのこともあるかも知れませんが、整体では寒い時期に冷たい水を飲むとよいとされています。

その飲み方ですが、

・ 始め一口分だけ口に入れて、飲まずに一分間含んでおきます。
・ 一分経ったらその水を飲まずに捨てて、その後ちびちびと少しずつ水を飲みます。
・ 水がおいしく感じられる間は飲み続けて、おいしくなくなってきたらやめます。

なぜ、始めに一分間口に含むかというと、身体がとても乾いていることを気付かないうちは、かえって水がおいしく感じなく、あまり吸収しないからです。
一分間含んで、身体が水を欲するようになってから飲み始めるのがコツです。

また、一分間含むと、唾液がたくさん出てきます。
身体は唾液が混ざったものを良く吸収します。

身体が水を吸収するということが大事で、吸収するように飲まないと、全部おしっこで出てしまいます。
飲んでも飲んでもノドの渇きが癒えないときを思い出していただければわかりやすいと思います。
お茶をたくさん飲んで、おしっこばかり行く人は、吸収率が悪くなっているのです。
また、お茶を飲むと、お茶の成分をろ過するのに水が要るのでかえって乾いてきます。


でも、ほんとは何を飲んだら良いか、悪いかにあまりこだわらずに身体がおいしいと感じるものを飲めばいいのです。
ちびちび飲むといっても、本当に乾いている時はごくごく飲んだほうが吸収する時もあります。
お茶のほうが吸収率が良い時もあります。そのあと惰性でお茶を飲まずに水を飲むとかえって吸収率が良い時もあります。

ただ、一つの知恵としてこういう飲み方があるということを知っておいたらいいと思います。

私の体験では、乾いている時はやはり、熱いお茶などよりも冷たい水の吸収率が一番よいと感じられます。

自分の身体にあった飲み方があると思うのでいろいろ試してみると面白いと思います。
NEXT Entry
疲れについて
NEW Topics
野口整体をかじったことがある人へ。放射能被爆への対処法
被災地にいない人ができること。
被災地でがんばっている方へ。心の落ち着け方。緊張した体の和らげ方。災害時に冷静に判断するために
性格と性質を一緒にしてはいけないよ
やらなければいけないことができない理由
やりたいことをやらないと人が弱くなる理由
身体言葉を理解すると心の使い方がわかる。…かもしれない。
握り方とバッティングの要点と上達と健康のお話(力の使い方)
足は親指、手は小指 | 手と身体は連動している
お箸の持ち方をやかましく言われる訳。手は全身と連動している。
再び手首を緩める重要性に気付きました。
こちらのブログを再会します
新ブログの更新情報
ブログを移転しました。
汗をかこう
Entry TAG
寒の水   渇き   身体  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tamon

Author:tamon
整体師首藤多聞の個人ブログ。
茨木市しゅとう整体非公式ブログ
一介の整体師として思っていることをつらつらと書いています
興味のあること、
野口整体、背骨、筋肉、心と身体の関係。
人間を理解するのに、身体というアプローチの方法がある事を教えてくれた整体の考え方に感謝、感激している毎日です。

タグクラウドとサーチ

全記事表示リンク
Categories...

openclose

ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム
フリーエリア
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031