FC2ブログ
HOME   »   整体のある生活  »  身体が重いときは4
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
身体が重い時は、身体の捻る動きが悪くなっているものです。
捻る動きを回復させるために、「太股の内側」「側腹」と見てきましたが、もう一つ注目したい場所が「肩甲骨の付け根」です。

ここは、上半身の捻る動き、特に腕の動きと関係の深い所です。
この場所の動きが悪いと、腰の感覚も鈍くなります。
また、ここの柔軟性は「脇を締める感覚」をつかむのにも重要です。


まず場所を確認します。
腕の付け根から背中側にかけて、肩甲骨に触れると思います。

腋の下から肩甲骨の裏側に親指を当てて、他の指で外側からつまみます。
そこが固い人は、肉だけをつまんでも結構です。

そして上から順に肩甲骨の下端までつまんでいきます。
または押さえていきます。
だるい時は、とても痛気持ち良い所があると思います。(かなり痛いです)

痛気持ち良い所が見つかったら、そこを押さえながらしばらく気持ち良さにひたります。
この場所はリンパの流れとも関係の深い所です。


この「肩甲骨の付け根」は左右両方押さえても良いのですが、
だるい時は、左右どちらかに特に痛気持ち良い場所があります。

そういう時は、それに対応するように、もう片方の腋の下から胸の方の筋肉(大胸筋)をつまみます。
これはかなり大きくつまんだ方が気持ち良い場合が多いです。

捻る動きが悪い時は、このように左右で片方は後ろ、もう片方は前というように痛気持ち良い場所があるものです。
つまり捩れて、固くなっているというわけです。

でも、これは理論なので実際に場所を探す時は、気持ち良い場所を一番の手がかりにして探して下さい。

この場所は、寝苦しい時や、いくら寝ても眠い時などにも有効です。
リンパの集中している所なので、特に注目したい場所ですね。

「身体が重いときは」シリーズはとりあえずこれで終わりです。
表現が難しかったかもしれませんが、いずれ画像か動画などで説明できたら、と思っています。

さて、これから秋にかけては、汗をどう処理するかということが結構重要な問題です。
次回はそのことについて書いていこうと思います。

「身体が重いときは」
「身体が重いときは2」
「身体が重いときは3」

しゅとう整体のホームページにてコラム「身体が重く感じるのは」もご覧下さい。


NEXT Entry
汗をかこう
NEW Topics
野口整体をかじったことがある人へ。放射能被爆への対処法
被災地にいない人ができること。
被災地でがんばっている方へ。心の落ち着け方。緊張した体の和らげ方。災害時に冷静に判断するために
性格と性質を一緒にしてはいけないよ
やらなければいけないことができない理由
やりたいことをやらないと人が弱くなる理由
身体言葉を理解すると心の使い方がわかる。…かもしれない。
握り方とバッティングの要点と上達と健康のお話(力の使い方)
足は親指、手は小指 | 手と身体は連動している
お箸の持ち方をやかましく言われる訳。手は全身と連動している。
再び手首を緩める重要性に気付きました。
こちらのブログを再会します
新ブログの更新情報
ブログを移転しました。
汗をかこう
Entry TAG
身体   重い   リンパ  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tamon

Author:tamon
整体師首藤多聞の個人ブログ。
茨木市しゅとう整体非公式ブログ
一介の整体師として思っていることをつらつらと書いています
興味のあること、
野口整体、背骨、筋肉、心と身体の関係。
人間を理解するのに、身体というアプローチの方法がある事を教えてくれた整体の考え方に感謝、感激している毎日です。

タグクラウドとサーチ

全記事表示リンク
Categories...

openclose

ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム
フリーエリア
QRコード
QR

CALENDaR 1234567891011121314151617181920212223242526272829